小江戸川越の名産品・伝統的手工芸品をお届けする通販ショップ

お店の紹介

玉力製菓

創業大正3年 川越藩高沢町 玉力製菓

創業約100年。菓子屋横丁の手づくり飴老舗。

小江戸川越の菓子屋横丁に店を構える、手づくり飴の老舗「玉力製菓」さん。

店先には、昔ながらの組飴をはじめ、
多彩な花の組飴、ニッキやゴマ飴など多種多彩な飴がところ狭しと並んでいます。

4代に渡って手づくりの飴をつくり、
飴づくりの技術と菓子屋横丁の伝統を守っているお店です。


菓子屋横丁の主役は飴なんです

小江戸川越のノスタルジックスポット「菓子屋横丁」。

駄菓子や和菓子などさまざまな菓子が売られていますが、もともと主役は「飴」。
別名「飴屋横丁」とも呼ばれている程です。

しかし飴づくりをしているお店が多くあった昔に比べ、
現在しっかり飴をつくっているのお店は少なくなってきています。

お店を訪れた際は、店の奥を覗いてみてください。
運がよければ、飴づくりを直接みることができかもしれません。

手づくりにこだわる

そんな玉力製菓さんは、創業から現在まで手づくり飴にこだわり、
飴づくりの技術や伝統を残しているお店です。

”手づくりならではの温かさ” や ”飴本来の味わい”を
感じ取ることができるのは、今になってはとても貴重なことです。


本物をつくり続ける

玉力製菓さんの多種多彩な飴たちは、3人の職人さんから生まれてきます。
3代目の久保田一郎さんと奥さま、そして4代目の息子さんです。

飴づくりというのは時間との勝負。
親子3人の言葉のいらない”絆”と”連携”があってこその飴づくりです。


飴の原材料は水飴と砂糖。
それを色とりどり、そして形豊かな飴に仕上げるには職人の技術によるものです。

また飴づくりは気候にも左右されるそうです。
寒すぎてもダメ、湿気があってもダメ。
技術や経験を培った玉力製菓さんだからこそできる飴づくりを垣間見てみましょう。


玉力製菓さんは、古き良き菓子屋横丁を彷彿とさせるお店です。

店先では様々な飴が売られお客さんで賑わい、
店奥では職人さんが飴づくり。

”小江戸川越”の名前の通り、江戸時代の商店がそのまま現代に残っているかの様な趣があります。

川越を訪れた際は、玉力製菓さんで、目と舌で飴を楽しんでみてはいかがでしょうか。


玉力製菓の商品をみる

店・ブランドからさがす

川越唐桟

sさつまいも菓子

玉力製菓

松本醤油

河越茶

河越抹茶

七色唐辛子 文七

矢島製麺所

川越だるま


川越市内は 直接スタッフが 配達できます お知らせ ブログ 新商品・入荷情報 などなど ツイッター twitter インスタグラム instagram

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日

定休日: 土・日・祝日
営業時間: 9:00~18:00
インターネット、FAXでのご注文は365日、24時間受け付けております。

小江戸買物独案内「玉力製菓」 楽天ID決済

ページトップへ